坂道46・AKB48_えッ,な情報まとめ

AKB48や系列ユニット、乃木坂46、欅坂46などの坂道46系の気になる情報を2ちゃんねるをメインにまとめたブログです。当ブログ管理人が気になったスレやレスを独断でまとめたものですので、多少の偏見等あるかと思いますが何卒ご了承ください。(当ブログ掲載の2ch.scなどで,ささやかれている内容の真偽については各自の判断に御任せ致します)

    戦慄かなの

    204名も無きアイドル2019/02/13(水)21:39:27.65 ID: 7YhXk6hN0.net

    仮にかなのの月商300万としたらバンツの取引回数750回/月くらいだよね
    【少年院上がりのアイドル・戦慄かなの「少年院は幸せでした」(その後№2)】の続きを読む
     

    1朝一から閉店までφ ★2018/08/02(木)17:12:12.03 ID: CAP_USER9.net

    2018/08/01 15:53日刊SPA!
     昨年10月、あるアイドルオーディションで衝撃の告白があった。「私、少年院出身です」——。そうカミングアウトしたのは戦慄かなの氏。件のオーディション「ミスiD」では、「サバイバル賞」を受賞。
    壮絶な幼少期、非行、少年院を経て、現在は大学に通いながら、アイドルとして活動している。さらに虐待を受けている子どもたちに向けた支援事業も開始。道なき道を切り開く19歳にこれまでの軌跡と自身の将来を聞いた。

    ——「少年院出身アイドル」として最近ではさまざまなメディアで取り上げられていますね。

    戦慄かなの(以下、戦慄):ありがとうございます(笑)。でも……本当は、「少年院出身」っていうのとアイドル活動は切り離したいと思っているんですよ。どうしてもセンセーショナルだから、その部分を切り取った紹介のされ方になっちゃうのもよくわかるんですけどね。

    ——「そういう個性のアイドルとしてやっていこう」と思ってのカミングアウトではなかったんですね。

    戦慄:そうなんです。アイドルのほかに、育児放棄や児童虐待への支援も行っていきたいと思っていたので、その活動のために少年院出身だと明かしました。もちろん「ミスiD」の最終面接では
    「少しでも爪痕を残したい」と思っていた部分はあるのですが、決して売名のためだったわけじゃないんです。それ以前は「のーぷらん。」というアイドルグループで活動していたのですが、少年院の話は隠していました。
    だって単純に全然かわいくないですよね、「少年院出身」って(笑)。私自身がもともとアイドルが好きなのもあって、やっぱりファンの方たちはそんなの求めてないだろうなって思うんです。

    ——AKBやハロプロのような、いわゆる正統派のアイドルに憧れて?

    戦慄:そうです。それに「虐待」や「少年院」「児童支援」といったキーワードがアイドルの活動と結びつくと、偽善とか売名っぽくてうさんくさくないですか? テレビの「アウトローな人特集」とかに呼ばれるのもありがたい半面、複雑です。
    私としては、切り離して両方とも真剣にやっているので、片手間にやっているようなものだと誤解されないようにしないとなって思っています。

    ——こうやってお話を伺っていると、少年院にいたという過去がなかなか想像できないです。

    戦慄:いやー、少年院に入ったばかりの頃はめちゃくちゃ反抗していましたよ! おかげでたいていの人が10か月くらいで出られるところを、私は2年近くかかりました(笑)。私がいたのは中等少年院なのですが、2年って中等少年院に入っている期間としてはほぼマックスなんです。

    ——そもそも何をして少年院に?

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    http://news.nicovideo.jp/watch/nw3720564?news_ref=top_50

    【少年院上がりのアイドル・戦慄かなの「少年院は幸せでした」(№1)】の続きを読む
     

    87番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2018/10/19(金)17:27:03.85 ID: E5BGyiTv0.net

    幼少時から母よりネグレクトを受け、学校ではいじめを受け中学2年で自殺を図る[2]。非行に手を染め、高校時代女子少年院に送致、1年8か月を過ごす[3]。

    退院後、薬局に事務員として働くが数ヶ月で辞め、2017年2月、アイドルグループ・のーぷらん。としてデビュー。しかし、大学受験のため同年5月に卒業。ミスiD2018に応募し、最終面接で少年院時代の話をカミングアウトしたところ、その話が面白いと審査員に評価され「サバイバル賞」を受賞。

    2018年に大学の法学部に入学[4]、育児放棄や児童虐待に関するWebサイト「bae -ベイ-」を立ち上げた。

    2018年9月、大森靖子が「共犯者」を務める「ZOC」のメンバーとして活動を開始[5]。また、10月には妹の頓知気さきな(ミスiD2019ファイナリスト)とセルフプロデュースアイドル「femme fatale」としてデビューする予定。
    【戦慄かなの、壮絶過去の少年院系異色アイドルは果たして売れる?№2(窃盗、詐欺、JKビジネスの元締め)】の続きを読む
     

    1番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2018/10/19(金)16:42:52.49 ID: oPyDfRyx0.net




    少年院で長老と呼ばれたアイドル・戦慄かなのにマツコ・デラックスや矢部浩之が太鼓判
    2018年10月19日 16時30分
    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161843256/
    18日放送『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、音楽グループZOCのメンバー・戦慄かなの(20)が出演。現役アイドルながら、
    2年前に少年院を出院したという「本物」の登場に、視聴者も驚きの声をあげている。

    ■少年院に満期入院
    「キレる」が流行語になった1998年生まれの戦慄。学生時代に非行に走り窃盗集団の仲間入り、少年院に入院することになった。
    少年院は最短10ヶ月で出られるのだが、「先生の言うことを聞かなかった」生活態度の悪い戦慄は満期の2年間も入っており、周囲からは「長老」と呼ばれていたと笑う。
    その2年間で秘書検定・危険物取扱者・高卒認定など数々の資格を取得。当時は反抗的だったが更生し、指導した先生(法務教官)を「第二のお母さん」と呼ぶなど感謝していることを明かした。

    ■将来の夢は…
    特技は「人の指を噛めばその人の性格がわかる」というもの。マツコ・デラックス(45)は「修羅場くぐってる」、山里亮太(41)は「くそメンヘラ」とその性格を分析。矢部浩之(46)もそのキャラクターに「売れる」と太鼓判を押した。

    収録時はまだ19歳。「明後日20歳になる。20歳になったら保護観察とれるよ」と喜ぶ戦慄は、今後の夢を語る。
    「児童虐待や育児放棄の子供を助ける活動をする団体を立ち上げたが今後はNPO化していく。20歳になれば理事にはなれる」と自身の経験を活かし「子供のための活動」に注力していくと熱弁した。
    【戦慄かなの、壮絶過去の少年院系アイドルは果たして売れる?№1(窃盗、詐欺、JKビジネスの元締め)】の続きを読む
     

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ