坂道46・AKB48_えッ,な情報まとめ

当ブログはAKB48や系列ユニット、そして乃木坂46などの坂道46系並びに他芸能関係と話題のニュースに関して「えッ!」と気になる情報を2ちゃんねるをメインにまとめたブログです。当ブログ管理人が気になったスレやレスを独断でまとめたものですので、多少の偏見等あるかと思いますが何卒ご了承ください。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              (当ブログ掲載の2ch.scなどで,ささやかれている内容の真偽については、各自の判断に御任せ致します)

    アビガン

    12020/10/04(日)15:31:30.15 ID: fEbyviGy0●.net


    アビガン、11月にも承認 コロナ治療薬 審査に3週間

     新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」について、早ければ審査を3週間で終えて11月にも承認される見通しであることが分かった。複数の政府関係者が明らかにした。
    開発した富士フイルム富山化学は月内にも国に承認申請を出す方針だ。新型コロナの治療薬には「レムデシビル」と「デキサメタゾン」があり、認められれば国内で3例目となる。

     複数の政府関係者によると、同社側は臨床試験(治験)の結果を踏まえ、治験の報告書を作成し、10月中旬頃、申請する見通しだ。
    質の高い検査データが得られていた場合、3週間で審査を終えて承認することは可能だという。

    https://www.sankei.com/life/news/201004/lif2010040019-n1.html




      【新型コロナ治療薬のアビガン、11月にも承認の見通し 政府関係者明かす】の続きを読む
     

    1影のたけし軍団 ★ : 2020/09/25(金)11:58:45.47 ID: mPnv3+Wh9.net

    ロシアは5月末、抗インフルエンザ薬「ファビピラビル」(別名「アビガン」)をベースとした 
    世界初の新型コロナウイルス薬「アビファビル」を承認した。 

    ロシアの病院では6月以降、新型コロナウイルス患者を対象にしたアビファビルの臨床試験が積極的に行われてきた。 
    また6月以降、同薬はベラルーシ、カザフスタン、ボリビアなど数カ国が購入した。 

    アビファビルは、ロシアの製薬会社KhimRarと出資元のロシア直接投資基金(RDIF)共同で開発された。同薬は世界17ヵ国に供給される予定。 

    アビファビルは、世界で初めて承認された新型コロナウイルス薬。同薬の供給先は、サウジアラビア、ブラジル、 
    チリ、コロンビア、セルビア、アルゼンチン、エクアドル、エルサルバトル、クウェート、パナマ、パラグアイ、スロバキア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、ウルグアイ。 

    ロシアは、アビファビルを5月29日に承認した。同薬はロシア連邦の70以上の地域で行われた新型コロナウイルス薬としての臨床試験で有効性を示し、 
    6月以降にはベラルーシ、ボリビア、キルギスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンがアビファビルを購入。 

    ファビピラビル(アビガン)の有効性は、ロシアでの臨床開始から数ヶ月後に日本の富士フイルムホールディングスによって確認された。 

    RDIFによると、4月以降に感染した400人以上の新型コロナウイルス患者にアビファビルを投与したところ、 
    他のロシアの製薬会社が製造したファビピラビルよりもその有効性が認められた。 

    アビファビルは欧州、中東、アジアの各機関でも承認され、ロシア初の新型コロナウイルス薬として輸出される医薬品となった。 

    RDIFも指摘しているように、アビファビルは、米国開発のファビピラビルをベースにした薬でレムデシビルよりもはるかに安価。 

    RDIFのキリル・ドミトリエフ総裁は、「ロシアでファビピラビルをベースにしたアビファビルが 
    世界初の新型コロナウイルス薬として承認された際、日本ではまだアビガン(ファビピラビル)が承認されていないのにどうやって承認できるのかと、 
    多くの人々が理解できず、懐疑的な意見がたくさん寄せられた」と述べている。 

    RDIFのドミトリエフ総裁は、ロシアの35の医療センターで実施された臨床試験に加え、承認後に感染者940人を対象にした臨床試験で 
    アビファビルの有効性を検証したことを強調した。同総裁は、このアビファビルの臨床試験について、 

    「ファビピラビルをベースにした新型コロナウイルス薬の臨床試験としては世界最大規模」と評し、 
    「我々が行った大規模な臨床試験と、新型コロナウイルスに対する有効性が確認された日本のアビガンの臨床結果をもとに、 
    アビファビルをはじめとするファビピラビルベースの薬剤が、新型コロナウイルス薬として世界をリードすることになると考えている。 
    その上、アビファビルの価格はレムデシビルの3から4分の1である」と指摘している。 

    アビファビル承認後に行われた臨床試験では、服用した感染者の回復が早く、症例の30%でウイルスが早期に排除され、 
    血中酸素濃度が従来の治療法に比べて2倍の速さで正常値に回復した。また、アビファビルの副作用は報告されていない。 

    9月23日に報道されたところによると、日本国内でのアビガン(ファビピラビルがベースの抗インフルエンザ薬)の第3相臨床試験で、 
    重症以外の肺炎患者の回復期間が短縮したことが確認された。 
    https://jp.sputniknews.com/covid-19/202009257798572/



    【アビガン、ロシア開発の抗コロナ剤(アビファビル) 世界17ヵ国超に供給へ 成分の有効性は日本も確認】の続きを読む
     

    1 : 2020/09/26(土)15:41:23.84 ID: q1H5Q8HG0●.net

    薬の富山 一丸でアビガン 各メーカーが増産へ連携 

    23日に新型コロナウイルス治療薬として10月中に承認申請される見通しとなった抗インフルエンザ治療薬「アビガン」。県内医薬品メーカーが増産態勢の構築に寄与している。各社が連携して生産工程の一部を担っており、富山発の薬の安定供給に貢献していく考えだ。 

     アビガンは2014年に抗インフルエンザ治療薬として製造販売承認を受けた。新型コロナ対策として、20年3月から富山市内の工場で増産されている。本年度内に備蓄用として200万人分が政府に納品される見通しという。 

     医薬品はさまざまな化学反応の積み重ねで出来上がる。1社単独では量産が難しいため、複数の企業が工程別に生産することが多い。県は4月、説明会を開き、県内企業に増産への協力を求めた。 

     アビガンの増産には国内外の十数社が協力する。県内では立山化成(射水市)が原料と医薬品の途中にある材料の「中間体」、富士化学工業(上市町)と富山市八尾地域に拠点を置くアクティブファーマ(東京)が有効成分の「原薬」を作る。富士フイルムの要請を受け、各社は既に生産を進めている。 

     ダイト(富山市)は原薬を錠剤化して包装する「製剤」を担う。生産準備は整っており「要請があれば、いつでも製剤化できる。安定供給に貢献したい」(経営企画室)とする。 

     県薬業連合会は県と連携して県内企業への増産に向けた連携を働き掛けてきた。 

     高田吉弘専務理事は「承認されれば、薬都富山の知名度が上がる。県内メーカーが一丸となり、増産を後押ししたい」と話す。 

    https://webun.jp/item/7696460




    【富山発アビガン,県薬連&県主導で県内各メーカー一丸・連携して増産体勢へ《国内外十数社協力体制》】の続きを読む
     

    1風吹けば名無し2020/09/23(水)13:50:01.22 ID: a+WLRKWg0.net

    「アビガン」もとに ロシアで新型コロナ治療薬販売


    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000193741.html


    まーた日本が世界救っちゃったよ




     


    【【動画】アビガン、ロシアでは新型コロナ(ジェネリック)治療薬が販売に・・・】の続きを読む
     

    1新種のホケモン ★ : 2020/09/23(水)19:49:12.68 ID: CAP_USER.net

    日本の富士フィルムが来月、厚生労働省に「アビガン」の新型コロナウイルス感染症治療薬の承認を申請したと23日明らかにした。(韓国報道) 

    アビガンの成分名はファビピラビルで富士フィルムの子会社、富山化学が新型インフルエンザの治療を目的に開発した抗ウイルス剤だ。 

    ブルームバーグ通信によると、フジフィルム側は156人の患者を対象とした臨床試験でアビガン服用者の回復期間が11.9日で、偽薬服用者の回復期間(14.7日)より短くなったと説明した。 

    試験中、安全性への懸念はなかったと会社側は付け加えた。 

    アビガンは日本政府がコロナの治療薬として推し進めてきた薬だ。臨床試験が終わる前に、80カ国以上の国に無償供与された。 

    しかしアビガンは妊婦が服用する場合胎児に致命的な影響があるばかりか、新型インフルエンザの治療の際にもタミフルなど既存の治療薬の効果がない場合にのみ使うほど、副作用がひどい薬剤だという批判を受けている。(韓国メディア報道、日経記事には無し) 

    この日、富士フィルムの発表後、富士フィルムの株価は4.6%跳ね上がった。 


    WoW!Korea 9/23(水) 19:28 
    Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 
    富士フィルム、来月「アビガン」コロナ治療薬承認申請=韓国報道
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3af08f23209e729b7b6318c078dfcc36e4172f15 

     

    富士フィルム、10月にもアビガン承認申請 = 日本経済新聞記事・画像は↓↓
    2020/9/23 12:55

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64126950T20C20A9000000/

    https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO6412693023092020000001-PN1-3



    【【動画】富士フィルム「アビガン」有効性確認、来月新型コロナ治療薬として承認申請 [09/23]】の続きを読む
     

    1風吹けば名無し2020/09/23(水)22:39:56.20 ID: 6a2MOidw0.net

    どうなったんやろか




      【【悲報】アビガンさん、完全に忘れられるwwwww】の続きを読む
     

    1: 2020/07/12(日)18:55:32.77 ID: 

    厚労省「申請するかどうかは製薬企業の判断」 
    「アビガン」について藤田医科大学の臨床研究の結果が示されたことを受け、厚生労働省は、「今回の結果をどう扱うのかや、新型コロナウイルスの治療薬としての承認を今後申請するかどうかは製薬企業の判断だ。申請された場合は厚生労働省として改めて審議する必要がある」とコメントしています。 

    富士フイルム「発表内容を精査 治験は継続」 
    「アビガン」については、薬を開発した富士フイルムのグループ会社が新型コロナウイルスの治療薬として、国の承認を目指した治験を進めています。 

    今回の臨床研究の結果について、富士フイルムは「藤田医科大学の発表内容を精査しています。企業として行っている治験は現在も継続していて、引き続き行っていきます」とコメントしています。 

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200710/k10012508371000.html



    【厚生労働省さん アビガンはまだ諦めていない模様】の続きを読む
     

    1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2020/07/11(土)19:55:28.136 ID: q3ydsR8m0.net

    藤田医科大学は10日、新型コロナウイルス感染症に対して新型インフルエンザ治療薬「アビガン」の効果を検証した結果について「有効性は確認できなかった」と発表した。

    土井洋平教授は記者会見で「患者数が少ないため有効性の有無は確認できなかった」と指摘。

    「200人程度が参加すれば有意差が得られたかもしれない。ただ日本の流行状況では患者数を増やすのが難しい」と述べ、臨床研究は終了する。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61378960Q0A710C2I00000/




      【アビガン効果「確認できず、コロナ感染者少ないせいで実験できない」→藤田医科大学の臨床終了】の続きを読む
     

    1: 2020/06/28(日)04:28:33.60 ID:

    新型コロナウイルスの治療薬候補「アビガン」の開発について、富士フイルムホールディングス(HD)の岡田淳二取締役は26日、都内で開いた株主総会で「当初の想定より治験が遅れている」と述べた。

    治験は6月末までの予定だったが、7月以降も継続する。

    https://www.asahi.com/articles/DA3S14527900.html




      【富士フイルム、アビガン治験遅れ、株主総会で説明!!】の続きを読む
     

    1卵の名無しさん2020/05/05(火)21:43:18 ID: c28GXiGz.net

    とりま川崎、横浜の情報プリーズ。




      【アビガン処方してくれる病院は?】の続きを読む
     

    2名無し募集中。。。2020/06/28(日)14:25:32.77 ID: 0.net

    ランボー怒りの




      【アビガンってどうなったの?】の続きを読む
     

    12020/06/29(月)17:23:07 ID: BE:273822876-PLT

    インドでグレンマーク社が、新型コロナ治療用のファビピラビル(アビガン)の製造を許可された。

    ベンガルール:「グレンマーク・ファーマシューティカルズ社は、国内で軽度から中程度の新型コロナ感染症を治療するための経口抗ウイルス薬ファビピラビル(アビガン)を製造販売するためにインドで承認を受けた」と金曜日に述べた。

    ムンバイに本拠を置く会社は、「承認はインドの迅速な承認プロセスの一部であり、『緊急使用』のためである。そのため、患者は薬を飲む前に同意書に署名しなければならない」と述べた。

    https://zeenews.india.com/india/glenmark-gets-indias-nod-for-making-favipiravir-for-covid-19-treatment-2290933.html/amp?__twitter_impression=true




      【アビガンが中国インドロシアなど9カ国で承認され目覚ましい結果を残すも日本は未だ認可されずっておかしいやろ】の続きを読む
     

    1トモハアリ ★2020/06/29(月)17:07:32 ID: u4T/RFiN9.net

    インドでグレンマーク社が、新型コロナ治療用のファビピラビル(アビガン)の製造を許可された。

    ベンガルール:「グレンマーク・ファーマシューティカルズ社は、国内で軽度から中程度の新型コロナ感染症を治療するための経口抗ウイルス薬ファビピラビル(アビガン)を製造販売するためにインドで承認を受けた」と金曜日に述べた。

    ムンバイに本拠を置く会社は、「承認はインドの迅速な承認プロセスの一部であり、『緊急使用』のためである。そのため、患者は薬を飲む前に同意書に署名しなければならない」と述べた。

    Reuters Jun 20, 2020, 08:28 AM IST,
    https://zeenews.india.com/india/glenmark-gets-indias-nod-for-making-favipiravir-for-covid-19-treatment-2290933.html/amp?__twitter_impression=true




      【【新型コロナ薬】アビガン、インドで承認される】の続きを読む
     

    1: 2020/05/25(月)19:15:57.82 ID:

    【アビガンは残念薬】ビル・ゲイツがフランスでイベルメクチンのコロナ治療第三相治験開始 驚異的な薬効 1日で治り1週間で退院★2 [チンしたモヤシ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590347687/

    画期的な薬剤:イベルメクチンはコロナウイルスに対して「驚異的な」結果を示す
    newsmax 2020年5月22日金曜日23:16 Google翻訳
    https://www.newsmax.com/health/health-news/ivermectin-drug-virus/2020/05/22/id/968688/

    米国および海外での複数の試験からの金曜日のレポートは、寄生虫感染を治療するためにFDAによって既に承認された薬剤が「驚異的な」結果を示しており、SARS-CoV-2ウイルスを根絶するための取り組みの突破口を表す可能性があることを示しています世界的なパンデミック。

    医師は、いくつかの国でいくつかの同時試験でイベルメクチン薬を投与したことがあり、他の一般的な薬物療法と併用することもあります。

    研究に参加した医師は、患者のウイルス量が、寄生虫、疥癬、アタマジラミとの闘いが承認された広く利用可能な処方薬であるイベルメクチンの投与を開始したほぼ直後に減少し始めたと報告しています。

    COVID-19患者には承認されていませんが、臨床試験に詳しい医師は患者の結果を劇的だと説明しました。

    フロリダ州パームビーチ郡の救急医であるピーターH.ヒバード医師は、金曜日の夕方の独占インタビューでニューズマックスに語った。 COVID-19医薬品として使用するためのFDA承認を獲得しています。

    彼はそれが複数の大陸での臨床試験で医師に感銘を与えたと述べました。

    「ここには共通点があります」とヒバード氏は言います。「この薬は人々を死の床から救い出しています。」

    いくつかのケースでは、医師はイベルメクチンの1回の投与だけで患者の状態を著しく改善したと報告しました。米国の患者は単回経口投与を受け、一部の患者は7日後に追加投与を受けました。寄生虫感染についてはFDA承認の用量を使用した。

    オーストラリアのビクトリア州の研究者が来月の抗ウイルス研究ジャーナルに発表する研究が試験管内のウイルスを一掃したことを示した後、この薬は最初にコロナウイルス治療の可能性があるとして浮上した。

    木曜日に、フロリダ州フォートローダーデールのブロワードヘルスメディカルセンターにいるジャンジャックレイター博士が率いる米国の医師のチームは、調査結果を施設の審査委員会に提出しました。この研究に詳しい医療関係者によると、約250人のコロナウイルス患者がブロワード試験に参加しました。

    情報筋によれば、結果は劇的で、「統計的に有意な死亡率の改善」でした。

    4月の初めに治療された最初の患者の血中酸素濃度は70%でしたが、数時間以内に50%まで低下しました。インバーメクチン投与後、24時間以内に安定し、1週間で退院した。

    一部の患者が緊急に薬を受け取っている間、FDAは5月1日に次の勧告を発表したことに注意することが重要です 。 「人や動物でのイベルメクチンの使用は承認されていますが、予防または治療は承認されていません。

    COVID-19の。COVID-19を予防するために、医療提供者によって処方され、合法的な情報源から入手した場合を除き、薬を服用しないでください。」

    地球の反対側の別の試験で、バングラデシュの医師のチームは 金曜日に 、彼らがそこでイベルメクチンと一般的な抗生物質であるドキシサイクリンの組み合わせをそこで60人のコロナウイルス患者に投与したと報告しました。

    そのチームは、薬を受け取ってから72時間以内に、患者のウイルス検査が陰性であり、4日目までに回復したと報告しました。

    バングラデシュ医科大学病院の上級医師であるTarek Alam博士はインドのZeeNewsに、結果は「驚異的」であり、すべての患者が「完全な回復を経験した」と語った。

    FDAが注意を払っている理由の1つは、薬物が他の薬物と相互作用し、場合によっては、吐き気、下痢、胃の痛み、めまい、突然の血圧低下、肝臓の問題、その他の副作用などの合併症を引き起こす可能性があることです。

    TrialSiteNews.comによると、ゲイツ財団はフランスで3番目のイベルメクチンの臨床試験に資金を提供し ています。

    ヒバード氏は、イベルメクチンの試験は、ワクチンへの架け橋を提供し、ウイルスを捕まえる下側リスクを潜在的に減らす「効果的な治療法」であることを示していると語った。

    「それは私たちが仕事に行くことができて心配する必要がないことを意味します」と彼は効果的な治療薬を持っている見通しについて述べました。

    「あなたはそれをキャッチし、私たちはあなたを扱い、私たちは国として前進します。」




      【アベガン、イベルメクチンに敗北か 三相治験で驚異的薬効1週間で退院!!!《両薬とも日本人発明》】の続きを読む
     

    12020/05/26(火)16:06:57 ID: BE:615284227-PLT

    「アビガン」今月中の承認見送り 臨床研究を続ける必要 厚労相

    新型コロナウイルスの治療薬の候補、「アビガン」について、加藤厚生労働大臣は、有効性を確認するための臨床研究を続ける必要があるとして、目標としていた今月中の承認を見送る考えを明らかにしました。

    「アビガン」は、日本の製薬会社が開発した新型インフルエンザの治療薬で、政府は、臨床研究などで、有効性と安全性が確認されれば、手続きを大幅に短縮して今月中に承認することを目指していました。

    加藤厚生労働大臣は記者会見で「臨床研究の結果を評価する第三者委員会が、科学的に有効性を評価するのは時期尚早との考え方を示したと承知している。

    来月以降も臨床研究や治験を継続する」と述べ、今月中の承認を見送る考えを明らかにしました。

    そのうえで「これまでの観察研究で3000人以上に投与が行われたが、安全性に関して問題となる新たな副作用は報告されていない。
    有効性が確認され次第、迅速に薬事承認を行う方針には全く変わりない」と述べました。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200526/k10012445261000.html




      【厚労省「アビガンは体にほとんど影響を与えない安全な薬だとわかった。有効性が確認され次第承認したい」】の続きを読む
     

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ