坂道46・AKB48_えッ,な情報まとめ

当ブログはAKB48や系列ユニット、そして乃木坂46などの坂道46系並びに他芸能関係と話題のニュースに関して「えッ!」と気になる情報を2ちゃんねるをメインにまとめたブログです。当ブログ管理人が気になったスレやレスを独断でまとめたものですので、多少の偏見等あるかと思いますが何卒ご了承ください。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              (当ブログ掲載の2ch.scなどで,ささやかれている内容の真偽については、各自の判断に御任せ致します)

    キングコング

    1爆笑ゴリラ ★2021/03/27(土)14:10:10.72 ID: CAP_USER9.net


    3/27(土) 13:53
    スポーツ報知

    キングコング西野亮廣「プペル」のアトラクション化希望「USJさんお願いします!」
    水都大阪川開きセレモニーにゲスト出演し、ファンに手を振るキングコング・西野亮廣(中央)
     お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(40)が27日、大阪・大川沿いの八軒家浜で開催された「水都大阪川開きセレモニー」にスペシャルゲストとして出席した。

     大阪市内の都心部を「ロ」の字に巡る「水の回廊」でクルーズ船などが再始動し、その安全を祈願して、「川開き」に引っかけた金の鍵の投げ入れを行った。西野は「セレモニーとか出る機会がなかったので、勝手が分からない」といい「恥ずかしい」を連発したが、大川沿いの八分咲きの桜と、暖かな春の陽気に「楽しい」と笑顔。トークショーではクリエイター視点で「元々のポテンシャル高い場所。何かやってみたくなる」と興味津々の様子。

     また、自身の絵本を映画化し、日本アカデミー賞の優秀アニメーションに輝いた「えんとつ町のプぺル」の話なども披露。絵を描きだしたのは中学時代で「小学生の頃は硬派を気取って、女子に興味がないスタンスでしたが、中2で急に女の子がかわいく見えてきた。友達にDVDを貸してともいえず、自分が描くしかないと自給自足で向き合った。うまく描かないと興奮しないので、画力が必要」と、絵本作家としての意外な原点も回顧した。

     今後の活動については「アパートを作ります。一番長くいる場所が一番楽しい。あと美術館、旅館、移動遊園地…」と挙げ「北極で個展を開きたい。誰か一人、変な奴が行ってくれると思う」とニヤリ。ほかにも映画の「—プぺル」でトロッコのアクションシーンがあることから「USJさん、お願いします!」とアトラクション化の野望も語った。




    https://news.yahoo.co.jp/articles/93a91667c821764218dd24ce8bc652c572878e9c




      【キングコング西野亮廣「USJさんお願いします!」...「プペルの・・・・・・】の続きを読む
     

    1Anonymous ★ : 2021/01/22(金)09:04:22.59 ID: CAP_USER9.net

    https://withonline.jp/people/ent-encounter/sviiv


    僕は、エンタメで世界を取りに行く

    映画化が決定した『えんとつ町のプペル』。ところが2020年、コロナ禍で大きく計画が狂う。

    「映画に足を運んでいただくためのイベントとかを色々用意してたんですけど、それ全部白紙になったんですよ。この大勝負の年に100年に一度のウイルスがくるっていうのは、これはなんなんだろうって、試されてる感じがしました。

    『映画 えんとつ町のプペル』は厚い煙に覆われた星の見えない町が舞台で、夢も希望もない中で主人公たちが奮闘するストーリーなんですね。そういう中で頑張ろうよって伝えているこの作品の作り手が、現実のコロナ禍の状況の中で踏ん張らなかったら辻褄(つじつま)が合わない。

    だから、この世界的な危機の中で僕たちが、大変な思いをしながら作品を頑張って届けて、やればできるっていうことを見せよう、と。3月くらいの段階で延期の提案もあったんですが、今年公開することに意味があるので。2020年に公開っていうのは揺るぎませんでした」

    芸人としての成功を収めてなお、なぜ映画を作りたかったのか?
    【【キングコング】西野亮廣「元々エンタメで世界を取るっていうことを決めていた」】の続きを読む
     

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ