坂道46・AKB48_えッ,な情報まとめ

当ブログはAKB48や系列ユニット、そして乃木坂46などの坂道46系並びに他芸能関係と話題のニュースに関して「えッ!」と気になる情報を2ちゃんねるをメインにまとめたブログです。当ブログ管理人が気になったスレやレスを独断でまとめたものですので、多少の偏見等あるかと思いますが何卒ご了承ください。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              (当ブログ掲載の2ch.scなどで,ささやかれている内容の真偽については、各自の判断に御任せ致します)

    事務所

    1爆笑ゴリラ ★ : 2020/12/08(火)10:52:52.94 ID: CAP_USER9.net

    12/8(火) 10:48 
    スポニチアネックス 

    広瀬アリス、事務所もお手上げの“反抗期時代” 先輩・勝地涼から“ガチ説教”も「響かなかった」 
    女優の広瀬アリス 
     女優の広瀬アリス(25)が7日放送の日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007」(後9・00)に出演。同事務所の先輩・勝地涼(34)から“ガチ説教”を受けた過去を明かした。 

     広瀬が勝地の説教を受けたのは20歳の頃。勝地が「アリスに反抗期が来ちゃって、事務所の人の言う事を聞かない時期があった」と明かすと、広瀬は「事務所に呼び出されて、マネジャーさんに電話がかかってきて、行った瞬間に事務所から逃げ出して消えた」と例を挙げた。 

     広瀬の“反抗期”に事務所社長は「私たちの言う事は聞かない。手に負えない」と勝地に連絡し、説教を依頼。「“仕事があるのは事務所のおかげだし、言う事聞かないとダメだよ!”と強めに説教した」という勝地だったが、広瀬は「はぁい」と生返事をするだけだった。 

     「この感じで説教しても響かない」と察した勝地が「気持ちはわかるけどね。俺もそんな時期あったよ」と寄り添うように諭すと、広瀬は次第に目を見て返事をするように。「響いてるな」と手応えを得た勝地だったが、よく見ると広瀬は窓ガラスに映った自身の姿を見ながら前髪を直していただけだった。 

     くりぃむしちゅー・有田哲平(49)から「なんで“はぁい”っていう感じだったの?」と悪態をついた理由について聞かれた広瀬は「響かなかった。何で言われてるんだろうと思っちゃった」と正直に暴露。「本当ごめんなさい」と勝地に当時の無礼を謝罪した。 

    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201208-00000122-spnannex-000-1-view.jpg?w=480&h=640&q=90&exp=10800&pri=l 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0c6ccf0b49a71944c450e2cb43067e71517981ad



    【広瀬アリス、事務所もお手上げの“反抗期時代”→ 丁度,すずが爆売れしてた頃】の続きを読む
     

    1風吹けば名無し2020/08/01(土)12:51:15 ID: DiZAarc60.net

    元モー娘。新垣里沙、所属事務所との契約終了

     元モーニング娘。で女優の新垣里沙(31)が、7月31日をもって所属事務所「ジェイピィールーム」との専属マネージメント契約が満了したことが8月1日、明らかになった。

     新垣はモーニング娘。の5期メンバーで、7代目リーダーやハロー!プロジェクトの3代目リーダーを歴任。2012年5月に卒業し、現在の事務所には2012年10月から所属していた。





    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200801-00000331-oric-ent




      【【悲報】ガッキー、事務所との契約終了wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む
     

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ