坂道46・AKB48_えッ,な情報まとめ

当ブログはAKB48や系列ユニット、そして乃木坂46などの坂道46系並びに他芸能関係と話題のニュースに関して「えッ!」と気になる情報を2ちゃんねるをメインにまとめたブログです。当ブログ管理人が気になったスレやレスを独断でまとめたものですので、多少の偏見等あるかと思いますが何卒ご了承ください。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              (当ブログ掲載の2ch.scなどで,ささやかれている内容の真偽については、各自の判断に御任せ致します)

    伊勢谷友介

    1風吹けば名無し2020/09/29(火)16:07:23.92 ID: KDb6zAGp0NIKU.net

    アンチざまああww




      【伊勢谷友介さん、釈放される → オマエな~ソレ、起訴で保釈やろ】の続きを読む
     

    1名無し募集中。。。2020/09/29(火)15:36:11.36 ID: 0.net

     大麻取締法違反罪で起訴された俳優の伊勢谷友介被告は29日、弁護人を通じて「心から深くおわびします。
    自身のおごり、未熟さや愚かさにより引き起こした事態で、信頼を一日でも早く取り戻せるよう努力していく」とのコメントを出した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/34549cc55ccf10db9a6d1715a6d981636bb7157d




      【俳優の伊勢谷友介被告、弁護人を通じ「自身のおごり、未熟さや愚かさにより引き起こした事態で、信頼を一日でも早く取り戻せるよう努力」】の続きを読む
     

    1Egg ★ : 2020/09/12(土)13:58:02.54 ID: CAP_USER9.net

    俳優、伊勢谷友介容疑者(44)の大麻事件は、次々と明らかになる「裏の顔」が芸能関係者を驚かせている。 

     8日の家宅捜索で、都内自宅マンションから大麻計20.3グラム(末端価格12万円相当)、実に40回分の使用量を押収したことから、警視庁組織犯罪対策5課は伊勢谷容疑者が常習的に薬物を使用していたとみて入手ルートを調べている。一部では20年以上前からとされるが、そうした期間のみならず、大麻などの影響なのか、あまりの行状の悪さがボロボロと出るわ出るわ。仕事中の度重なる奇行、交際女性をエアガンで撃ったり、殴る蹴るの暴行の末、顔面陥没骨折の重傷まで負わせていたというDV、大麻パーティーを開いて使用を強要していたという証言まで報じられているのだ。ある広告プロデューサーがしみじみと言う。 

    「もともと伊勢谷容疑者は、キャスティングしにくいタイプではありました。芸能マスコミ嫌いらしいし、芸能マスコミにヒアリングしても、取材したい有名人として彼の名前は挙がったことがない。社会活動にも積極的と伝えられますが、得体の知れないイメージで危ない印象があったからです。今回の逮捕劇でそれは間違っていなかったとわかりました。某省庁が何年か前にイメージキャラの候補として、伊勢谷容疑者も入っていたとき、止めて本当によかった」 

     逮捕を受けスポンサー「即逃げ」と伝えられるが、それも当然だろう。しかし、伊勢谷容疑者は公には俳優のほか環境活動をする会社の代表を務め、実業家としても活動していた。「スポンサーもつきやすい好感度の高い俳優のひとり」とも報じられる通りで、世間でもそういう認識のされかたをしていたのではないか。あまりのギャップに驚くが、前出の広告マンはこう続ける。 

    ■イエスマンに囲まれて… 

    【伊勢谷友介容疑者に噴出する、人間の屑エピソード、「裏の顔」に・・・・・】の続きを読む
     

    147の素敵な2020/09/08(火)17:48:05.88 ID: olDkDTwYa.net





      【俳優の伊勢谷友介容疑者、大麻取締法違反の疑いで逮捕《警視庁》】の続きを読む
     

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ