12020/05/26(火)16:06:57 ID: BE:615284227-PLT

「アビガン」今月中の承認見送り 臨床研究を続ける必要 厚労相

新型コロナウイルスの治療薬の候補、「アビガン」について、加藤厚生労働大臣は、有効性を確認するための臨床研究を続ける必要があるとして、目標としていた今月中の承認を見送る考えを明らかにしました。

「アビガン」は、日本の製薬会社が開発した新型インフルエンザの治療薬で、政府は、臨床研究などで、有効性と安全性が確認されれば、手続きを大幅に短縮して今月中に承認することを目指していました。

加藤厚生労働大臣は記者会見で「臨床研究の結果を評価する第三者委員会が、科学的に有効性を評価するのは時期尚早との考え方を示したと承知している。

来月以降も臨床研究や治験を継続する」と述べ、今月中の承認を見送る考えを明らかにしました。

そのうえで「これまでの観察研究で3000人以上に投与が行われたが、安全性に関して問題となる新たな副作用は報告されていない。
有効性が確認され次第、迅速に薬事承認を行う方針には全く変わりない」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200526/k10012445261000.html




  【厚労省「アビガンは体にほとんど影響を与えない安全な薬だとわかった。有効性が確認され次第承認したい」】の続きを読む