坂道46・AKB48_えッ,な情報まとめ

当ブログはAKB48や系列ユニット、そして乃木坂46などの坂道46系並びに他芸能関係と話題のニュースに関して「えッ!」と気になる情報を2ちゃんねるをメインにまとめたブログです。当ブログ管理人が気になったスレやレスを独断でまとめたものですので、多少の偏見等あるかと思いますが何卒ご了承ください。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              (当ブログ掲載の2ch.scなどで,ささやかれている内容の真偽については、各自の判断に御任せ致します)

    撤退

    1鉄チーズ烏 ★ : 2020/12/14(月)05:29:34.63 ID: CAP_USER9.net

    2020.12.14 05:02 
    https://www.sanspo.com/geino/news/20201214/geo20121405020001-n1.html 

     TBSが来年3月末で平日午前(8〜10時台)のワイドショーから“撤退”することが13日、分かった。翌4月から生活情報に特化した新番組をスタートさせる。 

     関係者によると、これまで同枠は放送中の「グッとラック!」(月〜金曜前8・0)などのワイドショーを制作する情報制作局が担当していたが、4月期はバラエティーなどを手掛けるコンテンツ制作局が受け持つことが決定した。 

     撤退理由は視聴率の低迷だ。同時間帯ではテレビ朝日系「モーニングショー」が首位を独走。日本テレビ系「スッキリ」とフジテレビ系「とくダネ!」が2位争いし、TBSは苦戦を強いられてきた。同局は1996年にオウム事件をめぐる不祥事によりワイドショーから一時撤退。「はなまるマーケット」を挟んで2015年に復活したが、その後も数字が伴わなかったため、他局との差別化を決断した。 

     新番組のモデルとなるのが、17年半続いた「はなまる」だ。芸能情報を廃し、生活に寄り添った内容が人気に。MCを務めた故岡江久美子さん(享年63)と薬丸裕英(54)の名コンビも親しまれていた。現在、新番組の顔となる女性芸能人を選定中という。 

     また、「王様のブランチ」(土曜前9・30)も今年10月からコンテンツ制作局に。同番組では司会のアンジャッシュの渡部建(48)が6月に不倫騒動を起こし、今月1日付で降板。10月にプロデューサー2人が異動したがスタッフに変更はなく、単独司会の佐藤栞里(30)を中心に新たな環境で続けていく。 
    【TBS、平日午前のワイドショー枠から撤退「グッとラック!」3月終了!!!!!】の続きを読む
     

    • カテゴリ:
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/21(火) 06:26:13.59 ID:lytciHy39
    AKB48グループ内のAKB48とHKT48、NGT48を運営する株式会社AKSが20日、同社のコーポレートサイトで、3グループをそれぞれ独立させることを発表した。
    さらにAKSは、2月に新会社ヴァーナロッサムに社名を変更。引き続き、現AKSの100%株主の吉成夏子代表取締役が、社長に就くという。

    15年前のAKB誕生から続いたAKSの看板が、ついに下ろされる。一体なぜなのか?なぜこのタイミングなのか?そこにはいくつかの理由がある。

    (1)長年の構想 実は各グループの独立化は、AKSの長年の悲願だった。5年前の15年に新潟県に国内5番目のNGT48が発足したころから、
    関係者は「将来的には全グループが独立して、AKSはホールディングス会社化したいと思っている」と明かしていた。
    実際に、6番目のSTU48は博報堂などが経営に参画し、発足時から独立。
    SKEとNMBも昨年には買い手が見つかり、独立していった。
    突然のように見えるが、経営計画としては長年の悲願だった。

    (2)リスクの分散化 AKSは「経営・運営の強化、効率化が目的。より各地域と連携できるように」と説明したが、本音には危機回避、イメージの回復の意図が含まれている。
    AKSが、創業以来かつてないダメージを負ったのが、昨年1月に明らかになったNGT48の元メンバー山口真帆がファンに襲われる事件だ。
    同事件のあおりで、同じAKSが運営するAKBやHKTもイメージダウンを余儀なくされた。
    10年も続いたビッグイベントAKB48選抜総選挙は中止になり、AKBのシングル曲発売も延期された。
    今後は全グループが独立することで、共倒れしない体制にと考えている。

    (3)経営者と経営計画の違い AKSは、2005年(平17)12月8日にAKBが結成された直後の06年1月20日に、AKBの運営会社として設立された。
    当初は、初代の代表取締役社長が100%株主のオーナー企業だったが、11年にパチンコメーカー京楽産業が資本参加し、 その京楽出身の吉成夏子氏が、14年から代表取締役社長に就任し、同社の株式も100%保有した。
    オーナーが吉成社長に代わると、積極的に海外に進出。現在、アジア諸国に全9グループが誕生し、タイのBNK48は大ブレークするまでに成長した。
    吉成社長は、自分の肝いりの海外事業に専念し、国内グループは、ほかのスタッフらに託す決断をした。

    AKBも結成から15年目。さすがに時代もファンの嗜好(しこう)も変化した。
    AKS=AKB48という従来のイメージに終止符を打ち、昨年のネガティブなイメージもリセットして、大きく生まれ変わるべく、スクラップ&ビルドに着手した

    https://news.livedoor.com/article/detail/17692681/
    2020年1月20日 21時33分 スポニチアネックス

    【【速報】AKS国内の全AKB48グループから完全撤退、独立へ・・・・へ~,今なんで???】の続きを読む
     

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ