坂道46・AKB48_えッ,な情報まとめ

当ブログはAKB48や系列ユニット、そして乃木坂46などの坂道46系並びに他芸能関係と話題のニュースに関して「えッ!」と気になる情報を2ちゃんねるをメインにまとめたブログです。当ブログ管理人が気になったスレやレスを独断でまとめたものですので、多少の偏見等あるかと思いますが何卒ご了承ください。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              (当ブログ掲載の2ch.scなどで,ささやかれている内容の真偽については、各自の判断に御任せ致します)

    欧米

    147の素敵な2020/08/17(月)10:06:49.66 ID: S+9dYk2Ua.net

    白人の可愛い子はいっぱいいるし人気もでるよ




      【なぜ欧米にAKBグループを作らないのか】の続きを読む
     

    1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします : 2020/07/25(土)16:15:44.268 ID: 3QCY8Mx6a.net

    欧米では日本に先立ってレジ袋を有料化する取り組みが始まりましたが、

    同じ袋を使い回すと新型コロナウイルスの感染リスクが高まるなどとして、無料で提供する動きが再び広がっています。 

    【欧米、レジ袋 再び無料化の動き 新型コロナ感染対策で!! → 一方,日本は・・・】の続きを読む
     

    1風吹けば名無し2020/07/01(水)13:58:53 ID: R3JFy8OBp.net

    欧米では日本に先立ってレジ袋を有料化する取り組みが始まりましたが、同じ袋を使い回すと新型コロナウイルスの感染リスクが高まるなどとして、無料で提供する動きが再び広がっています。

    アメリカ西部のカリフォルニア州は、2016年、全米で最も早く小売店などでのプラスチック製レジ袋の提供を禁止し、再利用可能な袋や紙袋を10セント、日本円で10円余りで販売する法律を導入しました。

    しかし、州内での感染の拡大を受け、客が再利用できる袋を持ち込むと店員が感染するおそれが高まるなどとして、ことし4月、一転してレジ袋などを無料としました。

    また、州内のサンフランシスコでは、客が再利用できるバッグやマグカップなどを店に持ち込むことを禁じる行政命令を出しました。

    東部メーン州ではことし4月から、レジ袋の提供を禁止し、再利用可能な袋や紙袋に5セント以上、日本円で5円余りで販売する法律が施行される予定でしたが、やはり感染リスクを考慮して来年1月まで延期されることになりました。

    また、イギリスのイングランドではゴミを減らすため、2015年からレジ袋を1枚5ペンス、日本円で6円余りで販売してきましたが、感染の拡大を受けネットスーパーを利用する人が増えたことから、配送作業に遅れが出たりしないよう、レジ袋を一時的に無料で提供することになりました。


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200701/k10012490321000.html




      【悲報】欧米「コロナ感染リスク高まるからレジ袋無料化する!!」日本「有料化は,環境に優しい!そのまま決行!!」→ええんか,コレ!!】の続きを読む
     

    1ケロ太(ジパング) [DE]2020/04/29(水)06:27:33 ID: BE:323057825-PLT

    「どんどんマスクの値段が世界で上がっていってて今、想像が付かない世界に入ってきてますね」

    「ヨーロッパは1枚が今700円ぐらい」

    直面していたのは中国での原料、そしてマスクの価格高騰。

    この会社の販売価格は1枚70円と高値に思えるが、利益はほとんどないといいます。

    この中国における価格高騰の背景にあるのが、世界的な『マスク争奪戦』。

    海外の港では信じられないことが…

    【まる優 財部優次郎代表】
    「本当に高い金額を出して(マスクを)横取りしていくんですよね。
    他の所に送る予定だった物(マスク)を、コンテナを乗せてる港でお金を払って、
    乗せてる人たちにお金を払ってチャーターの飛行機でばっと積んでもう映画の世界。そういう状況がうちの関係の周りでも目の前で起こって」

    マスク争奪戦の影響は、日本にも及んでいました。


    鍵を握る中国のとあるマスクメーカーが、TNCの取材に応じました。

    【記者】
    「いろんな国から購入の依頼がきていると思うが、買い方に違いは?」

    【中国のマスクメーカー担当者】
    「欧米の人たちはたくさんマスクを買ってくれる。それだけ多くの需要があるのだろう。(一方で)日本の人たちは決定を下す時に慎重すぎます」

    日本と欧米ではやはり印象が違うようです。

    【中国のマスクメーカー担当者】
    「この状況下ではほとんどをヨーロッパに輸出している」

    「なぜならヨーロッパの人たちはマスクがあまり好きではないが、今はマスクをせざるを得ないのでたくさん買っている」

    「(ヨーロッパ向けは)パーセンテージにすると80%以上」

    “マスク争奪戦” 増産なのに品薄なぜ? 「中国ルート」に異変 メーカーの本音は 福岡県
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200428-00000011-tncv-l40




      【中国製マスク、ヨーロッパで1枚700円,中国人「今,欧米優先だよ!! 日本人ケチ!!」⇒ 日本人,いらねぇよ!! もう買えるし!!】の続きを読む
     

    1名無し募集中。。。2020/04/13(月)14:55:28 ID: 0.net

    https://www.dir.co.jp/report/research/economics/europe/20200409_021458.html
    欧州はロックダウン解除の出口戦略を検討

    当初は長期戦を覚悟していた欧州首脳は、ここに来て急速にロックダウンの解除を
    検討し始めている

    感染カーブが平たん化されると同時に、ロックダウンの全面解除を狙うシナリオが
    考えられる。想定を上回る人数が既に感染し、集団免疫(国民の7割〜8割が罹患し
    免疫ができる)を獲得した状態になる

    ロックダウン措置が長引けば、多くの企業や家計が、債務を返済できず、破産や
    倒産となって債務不履行が続くという財政的な行き詰まりが起きることが
    懸念されている。




    予想通りの展開だな
    まだ4月上旬だってのに案外早かったな
    だから8月にやるオリンピックの延期なんて必要ないってあれほど言ったのに




      【まだまだ広がる新型コロナだけど予想通り欧米が諦めてきた件 [欧米首脳] ロックダウン無しの日本方式へ??】の続きを読む
     

    1: 2020/04/01(水)06:34:13.07 ID: khsalvVZ0USO.net


    米、コロナ対策でマスク着用指針再考 欧州も着用の動き

    https://jp.wsj.com/articles/SB12122433963021313976604586295883450629822




      【マスクはやっぱり有効 アメリカが着用指針見直し ヨーロッパも着用義務付ける国が増加 ⇒ え~,結局,するんかい!!】の続きを読む
     

    12020/03/27(金)09:10:17.08 ID: +eWKeK/z0●.net

    人類は今、地球規模で猛威をふるう新型コロナウイルスとの“戦争”の 
    真っ只中にいる。各国のリーダーの発言がそれを如実に示している。
    はたして新型コロナが勝つか、人類が勝つか——。

     そこで本稿では、水際対策を中心に「新型コロナ対策で成功した国・
    失敗した国」を見てみたい(いずれも現時点での分析であり、
    今後の感染の展開次第では評価が変化する可能性もある点は、
    どうかご了承願いたい)。

    感染者を11人にとどめているモンゴルの対策

    欧米諸国と違い、東アジア諸国の中には、中国からの感染を防ぐ水際撃退作戦
    で成功した国が多い。モンゴルや台湾、シンガポール、香港、ベトナムが特に
    そうだ。これらの国々は、2002年から2003年にかけて流行した重症急性呼吸器
    症候群(SARS)や、2012年の中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス、
    2009年の新型インフルエンザなど、過去にさまざまな疫病に襲われて多数の
    犠牲者を出した教訓を生かしている。

    中でも、中国と5000キロ近い国境を接するモンゴルは、3月26日時点で、感染者が11人にとどまる。死者数はゼロだ。

    続きは下記URL
    https://bunshun.jp/articles/-/36874




      【新型コロナ対策 持ちこたえるアジア、感染爆発を防げなかった欧米 何が明暗を分けたのか?】の続きを読む
     

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ