坂道46・AKB48_えッ,な情報まとめ

当ブログはAKB48や系列ユニット、そして乃木坂46などの坂道46系並びに他芸能関係と話題のニュースに関して「えッ!」と気になる情報を2ちゃんねるをメインにまとめたブログです。当ブログ管理人が気になったスレやレスを独断でまとめたものですので、多少の偏見等あるかと思いますが何卒ご了承ください。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              (当ブログ掲載の2ch.scなどで,ささやかれている内容の真偽については、各自の判断に御任せ致します)

    辞める

    1Anonymous ★ : 2021/02/07(日)14:28:10.25 ID: CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210206-00000176-spnannex-ent


     お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービー(36)が6日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「週末ノオト」(土曜後1・00)に生出演し、流行中の音声SNSアプリ「Clubhouse(クラブハウス)」の利用をやめた理由を明かした。

     バービーはお笑いタレントという“表の顔”以外にも、「1人もの思いにふけりたい、湿り気のある37歳もいれば、テキーラをあおってインド人とクラブで踊り狂う37歳の自分もいる」と様々な表情があることを明かした。クラブハウスには、様々なテーマのトークルームが設けられているが、自分が参加したテーマによって、興味や思想に偏りが出てしまうことを懸念。「若い子たちの情報が入って来ないんじゃないか?とか、自分と反対の意見を受け入れないくらい、頭が凝り固まってしまうのではという恐怖がある」と思いを語った。
    【バービー、『Clubhouse』を辞める。興味や思想に偏りが出ることを懸念!!】の続きを読む
     

    147の素敵な : 2020/09/20(日)22:51:22.46 ID: .net

    欅坂46・石森虹花(23)が新宿・有名ホストと“自宅デート1年愛”《アフターからタクシーで直行》 

     石森はそうした重圧から逃れるためにホストに走ったのか、それとも崩壊していくグループを見て自暴自棄に陥ったのか。石森はA氏との関係が露わになると、前述の通り運営に報告し、すぐさま「卒業」を申し出たという。 

     別の欅坂関係者が石森の現状を明かす。 
    欅坂が「ホストクラブ由来」のコロナクラスターに!? 

    「石森は今、運営に卒業を申し出ています。男性問題ということで正直に話していて、『責任を取って卒業します』と伝えたようです。グループとしては10月に活動休止、改名を控えている大事な時期。卒業は既定路線だと思います。 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d204549140167b59347f544afe3c787e6abe8094?page=3 

    AKB48人気メンバーが「ホスト彼氏お泊り→握手会場」!? 以前より報じられた「整形疑惑」も噴出で再起不能? 
    https://biz-journal.jp/gj/2016/06/post_678.html
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured



    【欅坂46石森虹花「ホストとお泊まりしたのバレたから辞めます…」宮崎美穂「えっ、辞める必要ある?」】の続きを読む
     

    147の素敵な2020/08/11(火)12:53:05.98 ID: .net

    もう10日以上投稿なし


    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured




      【島崎遥香さん、案の定YouTubeを辞める ← 知ってた!! ぱるる塩対応健在!!】の続きを読む
     

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ