坂道46・AKB48_えッ,な情報まとめ

当ブログはAKB48や系列ユニット、そして乃木坂46などの坂道46系並びに他芸能関係と話題のニュースに関して「えッ!」と気になる情報を2ちゃんねるをメインにまとめたブログです。当ブログ管理人が気になったスレやレスを独断でまとめたものですので、多少の偏見等あるかと思いますが何卒ご了承ください。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              (当ブログ掲載の2ch.scなどで,ささやかれている内容の真偽については、各自の判断に御任せ致します)

    酒井法子

    1爆笑ゴリラ ★2021/04/07(水)11:17:21.17 ID: CAP_USER9.net

    4/7(水) 10:18
    日刊スポーツ

    酒井法子8年ぶりドラマ「驚いています」自身役で出演、歌唱シーンも
    酒井法子
    歌手で女優の酒井法子(50)がフェイクドキュメントドラマ「プロデューサーK PART4」で8年ぶりにドラマ出演することが7日、分かった。自身の“歌手酒井法子役”で出演、歌唱シーンもあるという。

    「プロデューサーK」シリーズは、俳優石黒賢(55)が演じる敏腕テレビプロデューサー“プロデューサーK”が主役。シリーズ第4弾として6月上旬にクランクイン、9月下旬に配信、DVD発売を予定している。

    酒井のドラマ出演は13年7月放送のBSジャパンのドラマスペシャル「黒い報告書 女と男の事件ファイル3 誤解」以来8年ぶり。石黒とは同作でも共演している。今年2月には、13年に撮影された主演映画「空蝉の森」が公開された。

    酒井は、95年5月にCD発売された代表曲の「碧いうさぎ」が、04年9月に配信を開始。今年2月で累計25万ダウンロードを超えて、「プラチナ認定」され、日本レコード協会から先月発表された。

    「碧いうさぎ」と一緒に「プラチナ認定」されたのは菅田将暉「虹」、高橋真理子「ごめんね・・・」、BTS「Dynamite」、Mrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」といったヒット曲。酒井は「正直言って驚いています。とてもうれしいです」と話しているという。




    https://news.yahoo.co.jp/articles/78470d09556666567475545e0f7c2cf2a479bd79




      【酒井法子8年ぶりドラマ.......自身役で出演・歌も・・・】の続きを読む
     

    1爆笑ゴリラ ★ : 2021/01/26(火)14:45:57.94 ID: CAP_USER9.net


    1/26(火) 10:56
    デイリー新潮

    「酒井法子」の復帰映画が裁判沙汰に 酒井以外の出演者はギャラも支払われず
    介護職より芸能活動
     2009年に覚醒剤の所持と使用で有罪判決を受け、一時は芸能界を引退した酒井法子(49)の復帰第1作の主演映画「空蝉(うつせみ)の森」が、来月5日から公開される。

     とはいえ、当初の予定は14年。7年もの月日を経て、ようやく日の目を見た本作は業界内で“幻の主演作”とも呼ばれていた。長く間が空いたウラには、オトナたちの思惑が錯綜する法廷闘争があった。
     まずは作品の概要から。

    〈ある日、3カ月前に失踪した妻が記憶をなくした状態で夫のもとに戻って来る。ところが、夫は“妻とは別人”と主張。妻はその理由を、夫が受取人の遺産相続が関係していると指摘するが、夫と妻にはそれぞれ不倫相手がいて……〉

     というストーリー。

    「幻想的なサスペンスタッチのミステリーですよ」

     とは芸能デスク。
    【「酒井法子」の復帰映画が裁判沙汰に 酒井以外の出演者はギャラも支払われず!!】の続きを読む
     

    1: 牛丼 ★ 2019/12/04(水) 16:52:57.27 ID:VsV5sZqO9
    「のりピー」こと歌手の酒井法子(48)が、東証1部上場企業の専務と交際していることが、「週刊文春」の取材でわかった。

     酒井は1987年に歌手デビューし、1995年には「碧いうさぎ」で紅白歌合戦出場。さらに女優としても活躍し、1998年には結婚し長男を出産するなど順調な芸能人生を歩んでいるかに見えたが、2009年に、運命は暗転する。夫婦共に覚せい剤取締法違反で逮捕され、翌年には離婚したのだ。その後、芸能活動を再開し、今も、とりわけ中華圏では高い人気を誇っている。

    11月29日、都内の高級ステーキ店で待つ酒井にある男性が合流した。夕食を共にした2人は、タクシーで銀座のバーに移動。車内では酒井が甲斐甲斐しく男性のマフラーを掛け直すなど、とりわけ親密な様子を見せた。

    酒井の相手は、東証一部上場企業の専務取締役を務める49歳の独身男性だ。同社は、社員の平均年収が1400万円超と、屈指の高給企業として知られている。

    「彼は都銀を経て2006年に入社。その後の11年間で専務にまで出世したエリートです。がっちりとした体格ですが、根は穏やかで包容力のあるタイプ」(同社関係者)

     男性は元々酒井の大ファンで、知人の紹介で知り合ったという。

    「今では週の半分ほどを共に過ごしており、もっぱら男性の自宅に酒井さんが出向いている。秋には彼女の出身地、福岡を一緒に訪れたといいます。酒井さんは今年、息子さんが成人し、少し肩の荷が下りたところなのではないでしょうか。酔った時に『いつか結婚できればいいな』なんて話すこともあるそう」(酒井の知人)

     酒井が選んだ男性はどのような人物なのか。酒井は「週刊文春」の取材に何を語ったのか。詳しくは12月5日発売の「週刊文春」で報じている。
    https://i.imgur.com/2n8kh7j.jpg

    https://bunshun.jp/articles/-/16776?page=1

    【事件から10年 酒井訓子に、久々の文春砲・・・・・】の続きを読む
     

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ