坂道46・AKB48_えッ,な情報まとめ

当ブログはAKB48や系列ユニット、そして乃木坂46などの坂道46系並びに他芸能関係と話題のニュースに関して「えッ!」と気になる情報を2ちゃんねるをメインにまとめたブログです。当ブログ管理人が気になったスレやレスを独断でまとめたものですので、多少の偏見等あるかと思いますが何卒ご了承ください。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              (当ブログ掲載の2ch.scなどで,ささやかれている内容の真偽については、各自の判断に御任せ致します)

    CM出演

      【AKB48・CM出演 選抜イベント 「チーム4 VS チーム8」熾烈な戦い → えッ,ナンのCM??】の続きを読む
     

    147の素敵な : 2020/08/17(月)13:08:31.53 ID: rEWoNaN80.net

    CM出演中「徴兵制」主張の三浦瑠麗氏への抗議!? 「#Amazonプライム解約運動」Twitterトレンド入りで困惑の声も 

    2020年8月16日午後から深夜にかけて、Twitterに「#Amazonプライム解約運動」なるハッシュタグが登場。「これなんぞ」といった困惑の声が広がっています。 

    現在放映中のAmazonプライムビデオのCMには、国際政治学者の三浦瑠麗氏が出演。三浦氏はかねてより日本の徴兵制導入について論じており、2019年1月に刊行された著書の『21世紀の戦争と平和』(新潮社)で 
    は、副題に「徴兵制はなぜ再び必要とされているのか」と刺激的なコピーが踊っていました。 


    三浦氏は2020年8月9日のフジテレビ系『ワイドナショー』に出演した際に、CMに出演した経緯について「調査結果を無償でお出ししてるので、ビジネスモデルとしてわたしが何かお金を稼がないと」と語り、ダウ 
    ンタウンの松本人志さんと「一応共演してるんです」と喜んでいる様子でした。 

    一方で「徴兵制導入」について最近では言論サイト『論座』で同志社大学特別客員教授の阿川尚之氏と対談。「歴史的には軍が暴走するというのが常識だけれども、むしろシビリアンが暴走してはいないかと」 
    「自衛隊という実力組織を持つ以上は、日本も軍と国家の関係という問題から逃れられるわけではありません」と語り、「市民が軍は自分たちと同じ国民だという意識を持つための徴兵制」という考えを改めて示 
    していました。 

    三浦瑠麗対談:私が徴兵制が再び必要だと言う理由(論座) 
    https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019070900003.html 

    このように、「徴兵制導入」を公言している三浦氏のCM起用について、反対する側から登場した「#Amazonプライム解約運動」。関連して「#松本人志も三浦瑠麗も見たくない」というハッシュタグもあり、本気で 
    怒っているかのようなツイートが見られる一方で、「あほくさ」「政治厨」「本当に嫌ならAmazon自体を使うなよ」といった反応も多く上がっていました。2020年8月17日にはTwitterトレンドにも上がっていたこ 
    ともあって、「何事かと思った」といった趣旨のツイートも多数投稿されていました。 
    https://news.nifty.com/article/item/neta/12259-762261/ 
    m
    VIPQ2_EXTDAT: checked:verbose:1000:512:: EXT was configured



    【【炎上】三浦瑠麗のCM出演に批判殺到! Amazonプライム解約運動へwwwwwwww】の続きを読む
     

    147の素敵な2020/06/24(水)07:29:47.15 ID: .net





      【なぎちゃん CM出演キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!】の続きを読む
     

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ